とりあえず前半は料理の通常レポートとします。

店 名 :トラットリア ラ グロッタ (Trattoria La Grotta)
場 所 :東京都中央区銀座5-10-1 プリンスビル B1F
混み具合:結構混み
注文の品:選べる平日ランチS グロッタ名物漁師直送たっぷりホンビノス貝のスパゲティ(大盛可、サラダ、ドリンク)
値 段 :1100円

銀座 トラットリア ラ グロッタ ランチ サラダ

まずはサラダとドリンクが運ばれる。無言で
え? 先に出て来ちゃうの? 説明は無し


銀座 トラットリア ラ グロッタ ランチ サラダ

サラダはボリューミーで、大きなハムが乗る。



銀座 トラットリア ラ グロッタ ランチ サラダ

ハムを寄せてみました。
イワシを揚げたのともっちりとした自家製パンが潜んおりイイ感じ。美味しいです。


銀座 トラットリア ラ グロッタ ランチ ホンビノス貝のスパゲティ

たっぷりホンビノス貝のスパゲティ、ほんとたっぷりだ!
10個ぐらいあった。ぐりぐりと貝から解す行為が楽しくなる。もちろん小柱も逃しません。

こんときはトマトソースのちょっと辛いアラビアータ。美味しかったです。
パスタ大盛可良心的。結構量あり。


この地でこのお値段、この内容は良心的で満足でございました。


[ ランチメニュー ]
銀座 トラットリア ラ グロッタ ランチメニュー

[ プチ情報 ]
銀座 トラットリア ラ グロッタ ランチ
東銀座駅から激近。
店内はテーブル席メインで割と広く、女性のお客さんが8割ぐらい。

店 名 :トラットリア ラ グロッタ (Trattoria La Grotta)
場 所 :東京都中央区銀座5-10-1 プリンスビル B1F



[ こんなのでした ]
コロナ禍のこの時期、大体どこの店に行っても温かく迎えてくれる。
だが〜〜、結構キツ目の塩対応だった。

店に入ったらかなりの放置プレイ。席は空いてるのに。
漸く席に着くと、何も言わずにフォークなどポコポコ置かれる。
メニューを決めて伏せても放置プレイ。目を合わせようとしない。
あまりにも放置されるので、すみませ〜んと声掛けても無視。3回目で漸く「決まりましたか?」だと。

そんで、「前菜ビュッフェは無くなったのですか?」と聞いたら、「ええ、自粛してるんで」と これまた無愛想でそっけない対応。
銀座 トラットリア ラ グロッタ ランチメニュー 前菜ビュッフェ

じゃーこれはなんなんだ?!
ウソはダメですよ〜、ウソは。
目当てだったのに。

あれじゃー、厨房で孤軍奮闘している若い女性が可哀想だ。
折角いいもの作っているのに、末端で台無しになる。男客だったからかな〜?
あれだけ女性のお客さんが居るのだから、そうなのかもしれない。わかんけど。

でもー、三元豚のソテーやリゾットなど魅力的なメニューもあるので、また試してみたい気もする。
こういうところなんだーと免疫も付いたので。

久々の塩対応で、なんだか嬉しくなった自分が居る。
俺はM男か?

お役に立てましたら人気ブログランキングへ